トリコロールの日々

28歳OLのフランスワーホリブログ

再・アパート探し②

Bonjour !


家探し継続中です。
日曜日は2件下見に行きました。



最近はもうコロカシオン(シェアアパート)に絞って見てます



1件目は一人暮らしのマダムのお家。
キレイな個室と、あと共用の広々なリビング、キッチン、バスルーム。
個室からも日当たり抜群のテラスに出れて素敵!
350€にしてはすごく良いなと思いました。



アノンスより実際はかなり良い


マダムの年齢的にてっきり大家さんかと思ったら、大家さんはまた別にいて本当にシェアメイトの募集でした(笑)
マダムと住むとなるとコロカシオンというよりホームステイ感がすごい( ̄▽ ̄)


息子さんが中国人女性と結婚されたそうで、アジア人女性にも理解があり、5ヶ月の短い期間でも私を気に入ってくれて即コロカシオンOKしてくれました。



本当は来週もう1件下見の予定があったのですが、マダムの方が予想外にトントン拍子に決まり明日返事をするという話になってしまったので急遽今晩そちらにも下見できないかお願いしてみました。


やっぱり一応見ておかないと後悔するし!


そちらのアノンスを出してる男性は今パリにいて不在でしたが、代わりに違うルームメイトに頼んでみてと言われ電話番号を伝えられました。


すぐ連絡して上手いこと今晩来て良いよ!となったのでじゃあ20分後に!とランデブーを取り付けることに成功。
25歳のモロッコ人男性が案内してくれました。



共有リビング


アノンスから3人同居人がいることは分かっていたけど靴箱を見せてもらった時に、あれ…もしかしてこれ男だけ…?靴が男物しか無い…
そして家も写真より散らかってる…(笑)



よくよく話を聞くとやっぱり男子3人でした!(笑)

mixteって書いてあるから私はてっきり『男女』ミックスと思ったんですけど???



とりあえずマダムのお家とは打って変わって共同生活感がめちゃくちゃありました。
お掃除とかはちゃんと当番制になっているみたいだし不潔ではありませんでしたがごちゃっとした感じ。


だけど案内してくれたモロッコ人のオスマンはかなり感じが良く色んな話をすることが出来、今不在の他2人も話から良い人そうな印象を受けました。
男性だけはちょっとと最初思ったけど私の前にいたのも女性みたいだし、彼らみんな漫画が好きらしく私も漫画大好きなのでそこそこ上手くやれそうな気が…する。
確信は無いけど(。-_-。)


思えば今までAirbnbで何度か男性と住んだこともあるけど意外と気も遣わず暮らせました。



マダムはすごく優しかったしお部屋も良いし値段も40€安く条件だけで見ると断然こちらなのですが、今私がしたいのはホームステイより同世代のフランス人数人とのコロカシオンなのです。


何故なら職場で同僚達の話す言葉が分からないのでプライベートでも出来るだけ定期的に同世代のフランス人と会話する機会が欲しい。


マダムと住んでも勿論会話はするでしょうけど、2人暮らしになるのできっと私を甘やかし合わせてゆっくり話してくれるでしょう(笑)

一方4人で暮らすと、フランス人同士の会話も聞けるしスラングや若者が話すスピードにも慣れることが出来る気がするのです。



というわけでかなり冒険ですが4人暮らしを選ぶことに!!!



住みたい由をメールして、オスマンから私の印象を聞いたジェフ(アノンス出したりコロカシオンを纏めている男性)から正式にオッケーのお返事をもらいました(*^o^*)



謎の『ブラボー!』
そして『コロカシオンへようこそ!』



いや〜…どうなるんでしょう(笑)


誰も喫煙者じゃないみたいだし動物も禁止だし全員社会人だから悪くないとは思うんですけど。

頻繁に友達呼んでパーティーとかされたら嫌だな、個室に鍵がかかるのか見忘れたけど大丈夫かな、色々心配になってきました。



とにかく自分でもびっくりな選択をしてしまいました。親に言ったら心配するから当分言えないです。


でも今は家の広さや綺麗さや家賃よりフランス語を伸ばすということを1番に考えて生きています。
この選択が間違っていませんように…!


ほた





ランキング参加しています。
クリック頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

意外な友達

Bonjour !


最近も空いた時間にちょこちょことアパートの下見に行っています。

そしてなんとアパート探しを通じてお友達が増えました!(´∀`=)


1人は下見で一緒になった、ビジネススクールに通う中国人のリン(24歳)

もう1人はコロカシオン(シェアアパート)相手を募集していたフランス人のアマンディーヌ(27歳)



最近仕事で落ち込みまくりなのですが、リンからメッセージが来てその話をしたら私の仕事の中休み(大体2〜4時間ある)に公園でランチしてお散歩しようということになりました。

私が悩みを吐き出して少しでも心が軽くなるようにと言ってくれました( T_T)優しい…



結局下見に行ったアパート自体はまたしても契約期間の短さ故にお断りされたのですが、たまたま一緒に下見して一緒に帰っただけの私を案じてくれるなんてかなり心が温かくなりました。
たった15分で一緒にランチできる仲になるなんて!


リンリン(勝手に呼んでる)はチャーミングです(*´꒳`*)来週が楽しみ!

また来週も恒例の12時間拘束シフトが何度かありますが、おかげで少し頑張れるような気がします。



そしてもう1人の新しいお友達アマンディーヌ!


私はleboncoinのサイトで彼女のコロカシオン相手募集の記事を見て、彼女のアパートに下見をさせてもらいに行った立場なのです。


実際は結局コロカシオンしていないのにこの不思議な繋がり(笑)



彼女のアパートは職場から今より大分遠くなりますがトラムの駅まで5分だし、日当たりもよく清潔感があって素敵だなと思いました。
本来は家具無し物件なのに私の為に余っているベッドと棚も入れてくれるとのこと。

猫と犬を飼っていて、実は軽く喘息持ちで潔癖症の為動物に触れるのが苦手なのですが、人懐こく擦り寄って膝に乗ってくる猫も可愛かったです。(最近色々克服してきた)


そして何より少し話しただけで彼女が優しくて良い人なのが分かって、歳も近いし女の子と2人だしこの子とコロカシオンしたいなと思いました。

コロカシオンはお家より人の方が大事ですd( ̄  ̄)



返事がオッケーなら私は住む気だったのですが、結局彼女の大家さんが5ヶ月の短期契約はお気に召さなかったようです。
彼女は大家では無いから、仮に私をコロカシオン相手として気に入ってくれても大家さんがダメと言うならダメなんですよね。仕方ない!


私は断られ慣れてるし全く気にしていませんが、逆に彼女の方が気にして謝ってくれました。
フランス人だと条件に合わなかったら音信不通が多いのにすごく丁寧。


ちゃんとお断りメッセージをくれたので私も

『アパートは素敵だし、何よりあなたが感じが良いからコロカシオンしたかったけど仕方ないね。気にしないでね、ありがとう』
と送りました。


そうすると
『コロカシオンは出来ないけど連絡は取り合えるよ。もし誰かと話したかったり出かけたかったらいつでも連絡して。私の電話番号知ってるよね!』と返信が来て、



まさかの今度本当に遊ぶことになりました!(*´꒳`*)急展開〜〜!
何気にディジョンにフランス人の友人はあまりいないので嬉しいです♪


前にいた語学学校や寮のお友達は沢山いるけど、語学学校に来ている時点でフランス人はいるわけありません。ネット上にエクスチェンジパートナーも沢山いるけどほとんど会った事がないのでリアルなお友達とも言い難い。


思わぬ出会いに感謝です。
最近は良い出会いに恵まれています!


この調子で彼氏でも出来たらなお良いんですけどそんな予兆は全くありません!(笑)
彼氏作りにフランスに来たわけじゃないから良いけどね( *`ω´)


明日はやっとお仕事お休みです。ほっとする。



最近の写真、夕方のディジョン


ほた





ランキング参加しています。
クリック頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

CVとLMの書き方

Bonjour !


今やネットに情報が溢れているので今更私が載せるほどでもないかな?と思うのですが、一応自分の記録も兼ねて職探しに必須なCV(履歴書)とLM(動機書)を公開します(*^_^*)



CVは3種類用意しました。
①販売職用
②販売職用(特にパティスリー)
③オフィスワーク用


①と②は内容はほぼ同じです。
販売でも特にパティスリーで働きたいなと思っていたので、職歴を学生バイト時代まで遡って特にパティスリーで働いた経験を全面に押し出したのが②、他の販売職に広く応用できるようにしたのが①です。


③は約6年の社会人経験(事務職)に焦点を当てたバージョンです。アルバイト経験は販売しか無いのでであえて載せず、輸入会社での経理が一番長いのでその辺を特に詰めて記載しています。




②の販売職(パティスリー用)履歴書



応募する職種に合わせて、上手く自分の職歴を関連付けて見せることが大切です!


日本では社会人になると職歴に学生時代のバイトは書きませんが、こちらではそれがアピールになるならバイト経験も載せてOKらしいです。
逆にパティスリー用の履歴書に他のバイト経験(家庭教師、100均)を載せてもアピールにはならないので載せていません。



写真、年齢、国籍は記載するorしないなど(差別の問題で)色んな情報がありますが、私は基本全て書きます!


ただでさえ外国人という時点でハンデを抱えてのスタートになるのだから、得体の知れない外国人よりはある程度身元のはっきりした人物の方が会社側も安心できると思うからです。

まずは書類通過だけを考えるとわざわざ自ら不利を晒す必要は無いとも考えられますが、私としては最初から理解してもらった上で雇われる方が安心できます。
どうせ面接で会ったら分かっちゃいますしね。


仮に年齢や国籍によって落とされるのなら仕方ない!
なので国籍、年齢、ビザの種類、未婚、写真も全て載せました。
(あくまで私の意見です。本当に全て必要かどうかは皆さんの自己判断で)



あとは写真についてですが、フランスの証明写真機って質が良くなさそうな気がして自分でお部屋で撮りました。

それに日本みたいに履歴書を手書きするわけでは無いから、貼り付ける写真より写真データの方がワードで作成する時に良いです。


無料で良いアプリ無いかなと探していて見つけたのがこちら。
http://goo.gl/TSXxqk
履歴書カメラ。クマ消しや顔色補正も出来る優れもの!


コンビニ印刷するなら30円とありますね。コンビニ無いフランスでは意味ありませんけど(^_^;)

私はまずこのアプリで自撮りして、パソコンにメールで画像を添付、サイズ編集してワード上でCVに貼り付けていました。


これなら何回も撮りなおせるし、わざわざ写真機を求めて出歩かなくて良いし、一度データを作れば量産できるし万事オッケー!

最近は本当に何でもスマホで出来ちゃいますね♪


結局オフィスワーク系CVは持ち込みよりネットから応募することばかりなので、印刷しても使いませんでした。



次に難関はLM。
こちらは応募する会社ごとに内容を変えなければいけない為量産できません。


が、自分のアピールポイントは基本変わらないと思うのである程度雛形を作っておけば、あとはその会社を選ぶ理由やそのポストで自分が活躍できる理由を変えて作成していけます。




同じくパティスリーに応募した時のLM


そういえば先日LMの書き方でなかなか良いサイト見つけました。フランス語のサイトですがかなり色んなパターンがあるので組み合わせて使えそう!
もっと早く見つけたかった〜!

販売職用、ウェイトレス用、夏の仕事用、熱烈パターン、簡潔ダイレクトパターンとか面白いですね!

http://m.leparisien.fr/etudiant/etudiant/exemple-de-lettre-de-motivation.html#xtref=http://etudiant.aujourdhui.fr/etudiant/info/exemple-de-lettre-de-motivation.html


基本はワードのデータをネット上で送ることばかりでしたが、採用されたパティスリーには初めて手書きのレターを持って行きました。
そちらの方が気持ちが伝わります。
(逆にCVは必ずパソコンで!)




私が実際に提出したLM(表)(裏)


A4のペラペラのコピー用紙で大丈夫です。裏表に書いています。
正式なレターにはルールが沢山あるのでそれに倣って書きます!レター作成地、作成日、タイトルなど忘れずに。


なーんて言いつつ、もし今日中に間に合わなかったら書き直しになるから作成日は最後に記入しようと空けていて、見事に忘れそのまま提出しました(笑)
こんなうっかり者をよく雇ってくれたなぁ…( ̄▽ ̄)


CVもLMも最後に必ずネイティヴチェックはしてもらいましょう。出来れば複数人に見てもらうのが望ましいです!
1人だけだと間違いの見落としもあります。


私もこれで大丈夫!と思っても手直し入りまくりました。正式な文章に使うフランス語って本当に難しいです…



願わくば今のお店で最後までなんとか勤めて、CVもLMもこれ以上必要無いことを祈ります( ̄^ ̄)ゞ


ほた





ランキング参加しています。
クリック頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

仕事2週目 心が折れそう

Bonjour !


連休明けてお仕事は2週目に突入!
ばりばり慣れて… … きてません(T_T)
慣れるどころか正直かなりキツいです。
どんどん自信喪失で逃げ出したくなります。


寮の部屋は4階なのですが、普段は一段飛ばしくらいで上り下りできるのに仕事から帰ってきた後はエスカレーターを使わないと部屋に帰れません。それくらい力を使い果たします。


私が出来ることは本当に基礎の基礎、ただ並んでいる商品を包んで売ることだけ。あと簡単な予約。それさえ何とか何とか…です。
それ以上のことが何も出来ないのです。


しかも9割フランス語が原因で(;ω;)

多分言葉が分かればなんとか対処出来るようなことでも、お客さんの言っていることも同僚の言っていることも理解出来ないので途方にくれます。


今なにより一番怖いのが電話です。
結構よく鳴るんですよねこれが…
近くにいたら率先して出ざるを得ない。


昨日は電話で問い合わせを受けました。ホールケーキ(かなり色々ある)を予約したいけどどんな種類があるか?ってことだったみたいなんですがなんせ言われていることが分からない。
違う店舗は開いてるか?とか時間がなんちゃらとか言ったような気がしてトンチンカンな返答ばかりして、違う人に変わってくれと言われました…

昨日はたまたま優しい人で「君が大変なのも理解できるんだけどやっぱり違う人に変わってもらえる?その方がきっとお互いにシンプルだと思うからごめんね」なんて言われて余計申し訳無い気持ち。


今日は私に呆れてきっぱり掛け直すと言われました。でもそれに内心ほっとしてしまう自分…(^-^; (笑)



もう一つ辛いのは、何度かブログにも書きましたが同僚の言うこと(特にエロディ)もどうしようもなく分かりません。
彼女の声の質が私と相性が悪いのかもしれないと思うくらい、全っっ然!

色々指示を貰うのですがあまりに分からない為、状況からただ推測して仕事してます。
恐る恐るしてみるけど合ってるのかも分からない。
何も言われなければこれで良いのか…と思いながら進めるという感じ…文字にすると大分ひどいですよね。


分かってないなら聞くべきなんだろうけど、何から聞くべきかも分からないし口からもフランス語が出てこない。考えている間にエロディはいっちゃう。


私が少し慣れたからか、私が入る時は前まで常に上司のエミリーと一緒だったのが今は他のメンバーと3人になる日が増えました。


この上司抜きの3人もなかなかの苦しさ。
輪に入れないのはまぁ…仕方ないと思えます。自分が仕事さえちゃんと出来るなら。
でも同年代の女子3人の中で言葉が通じず手間ばかりかける状況…うーん、なんとも言えません(笑)

ただの被害妄想だけど、ここまで意思疎通出来なかったら何か裏で言われてるかもとまで考えてしまう始末…(笑)


萎縮してどんどん声が小さくなっちゃって、ますます伝わらず悪循環になってきました(>_<)
朝が来るのが憂鬱で、部屋から出たくない。


一朝一夕でどうにかなるものじゃないのもよく分かっています。
でも今のこのマイナスのような状態から、彼女達フランス人と同じように詳しい商品説明をしたりイレギュラーなウェディングケーキやら前払いやらの予約を受けたりできる自信が全く無い…(T . T)



それでも!
クビにされる以外は辞める気はありません。
エロディはツンとした雰囲気で内心ちょっと怖いけど意地悪じゃないし色々教えてくれるし、マリクレールはまだあまり一緒に入ってないけど笑顔が優しいし、上司もこんな私にいつもすごく丁寧に教えてくれて感謝しかありません。


職場環境が悪いわけじゃないのです。むしろ恵まれた職場。ただただ自分の語学力不足。


接客の中でも自分のキャパシティを遥かに超える仕事を選んでしまった…と今痛感しています。
まだパティシエ、料理人、ホールサービスならここまでフランス語の必要が無かったのかもしれません。

これから一体どうなるのか…!
そしてワーホリの終わりにどうなっているのか…!

全て私の努力次第、今は耐えるしか無いですね。弱音吐いてる記事が増えそうな予感ですがすみません。



最初ブログにあまり弱音や情けないことを書くのはどうかと思いましたが、よく考えるとここは元々ワーホリの良いことも悪いこともさらけ出して書こうと思って始めたブログでした。

これからフランスでワーホリされる方、または興味がある方に少しでも役立つようなことがあれば嬉しいので、何もかも順風満帆!なワーホリブログより紆余曲折ありのままのワーホリブログを目指します。


ほた





ランキング参加しています。
クリック頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

蜂に刺される

Bonjour !


どういうわけかフランスに来てから蜂に好かれます。この短い半年の間に2回刺されるという悲劇。



1度目はトラムの駅でベンチに座ったら太ももに激痛。蜂がいたのに気付かずその上に座ってしまったみたいで、踏み潰してはいないものの攻撃されました(T . T)


人生で初めて蜂に刺されたのでびっくりしました。丁度一緒にいたのが病院関係の仕事をしたことがあるという友人で、その子いわく本当にやばかったらもう今頃どうにかなってるよとのことでしたがそれでもこわくて急いで薬局へ行きました。


お姉さんに事情を説明して飲み薬と塗り薬を買いました。合わせて15€。
数日は腫れてましたが幸い何もなくいつの間にかキレイに治りました。



2度目は先日パリで至って普通に観光をしている時、パサージュの中で友達に写真を撮ってもらおうとして「はい、チーz」「痛ー!」という感じで訳もなく腕を刺されました。


しかもその時咄嗟に蜂を払ったら、刺された箇所に針が残ってゾッとする光景でした…(T . T)
自分で抜いたらダメとネットに書いていたけど思わず抜いてしまいました。だってそのままに出来ないし…


激痛なのに「めちゃくちゃ痛い何これ、ちょ、と、とりあえず写真は撮って、」と何故かそれでも写真だけは撮ろうとする動揺ぶり。


その時の写真がこちら


蜂に刺された直後。笑顔。



また近くの薬局に駆け込んでマダムに相談して、今度はアレルギーを抑える飲み薬とアルコール綿をくれました。今回も15€。
ただ消毒液を染み込ませたおしぼりティッシュみたいな物だったので本当にこんなので大丈夫なのかと疑いました(笑)


今回は刺されるのが2度目ということで余計に不安でした。
よく蜂に二度刺されたら死ぬとかアナフィラキシーショックという言葉も聞くし、たくさんググりました。
でも当たり前だけど必ずしもでは無いみたいですね。そういう症状を起こすのは全体の1〜2割の人らしいです。


薬局のマダムにも「刺されるの二度目なんですけどヤバイですか?大丈夫ですか?」って聞きまくったけど何とも言えない様子でした。
まぁ…ヤバかったら刺された後笑顔で観光写真なんか撮ってないとは思うんですけど。



翌日も翌々日もすごく腫れて、熱を持ってるし腕を動かすと痛いし病院に行こうかどうか迷いましたがもう少し様子を見ようとそのままにしていました。
そしたら結構マシになった感じだったので良かった〜って思っていると、なぜかまた2日前くらいから腫れてきてしかもすごく痒い。


一体どうなってるんでしょう???
ダニに噛まれたら後から腫れて痒くなったりするけどそういう感じなのかな…

まだこちらで一度も病院に行ったことが無く出来ればこのまま最後まで行きたくないのですが、ずっと腫れてたら行くべきかなぁと迷い中です。



何科に行くのかさえ微妙。多分皮膚科…?な気がするけどフランスに来て皮膚科って見たことないです。皮膚科(dermatologie)という単語もあるし存在しないなんてことは絶対無いでしょうけど…


友人が近くの総合的に見てくれるお医者さんを紹介してくれたのでとりあえず何かあれば行ける安心を得ました。
持つべきものは街に精通した友人ですd( ̄  ̄)



フランスに来て何故急に蜂に好かれるようになったのか考察してみました。
本当にめちゃくちゃ寄ってきます。追い払っても追い払っても付いてくる時もあります。
香水は何年もずっと変えていないから、フランスのシャンプーかボディーソープの匂いに寄ってきている気がします。


フランス製品ってすごく良い匂いが多くて好きなんですが確かに香りが強い。
ボディーソープもずっとふんわり良い香りが漂います。


今使っているシャンプーとボディーソープ


アルガンオイルとカメリア(椿)
石鹸とローズオイル



明るい色の服を着ていると蜂が花と間違えたり、香りの強い製品を使っていると調べにやってくると養蜂家さんのサイトで見ました。蜂なので普通花の香りが好きですよね。私は椿とバラと香水で花の香り放ってしまってます。


やっぱりこれが原因かなと思わざるを得ません。日本の蜂とフランスの蜂に違いがあるのかは分かりませんが…一般的な日本人とフランス人に食の好みの違いがあるように、蜂にも好みの匂いの違いとかあるんでしょうかね。


それでも気に入っているからシャンプーは変えないけど今は本当に蜂が寄ってきたら恐怖です。3度目はどうなるんだろう(o_o)
皆さんも暖かい季節とアウトドアにはご注意下さいませ。


ほた





ランキング参加しています。
クリック頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

再・アパート探し①

Bonjour !


日本に唐突に帰国する夢を見ました。
あの夏の湿度までリアルでした。


帰って来いと言われ慌ててリュック一つで帰国したものの、何故かフランスのアパート契約をちゃんと解除しないまま、大半の荷物もアパートに置いたまま、あれ、じゃあどうするの!?という大分パニックになる夢でした。
疲れてるのかな…( ^ω^ )


そしてもうフランスにいないという事実が何よりショックでたまりませんでした。
私はどちらかというと帰国に前向きというか、むしろ日本に帰ることも楽しみにしているくらいなのですけどあれが私の本心なんでしょうか。


たまたま寝起きに母親と電話してその話をしたら「そんなに帰りたくないん?悲しい」と言われました。そんなことないよお母さん!(笑)



それはさておき、全く部屋から出たくないけど次々アパートの下見ランデブーが入るので出かけざるを得ません。お化粧したくない〜〜

とは言っても、職場から近いアパートしか問い合わせを送っていないので全て徒歩でも20分以内なんですけどね。ただの自堕落です。


ちなみに今の寮は職場から5分。
中休みは1分でも多く休みたいのでそういう意味では最高の立地です。目の前がトラムの駅だしそれも素晴らしい。
ただやっぱりシャワートイレとキッチンの不便さが拭えません…
住めるけど引っ越し出来るならしたいという感じです。



というわけで今日の1件目。

TGVの駅裏にあってアパート周辺がちょっと…うーん、なんとも言えないような。治安が良いのか悪いのか。周辺に落書きがあるかいつも見るんですが、これがあると治安を乱す人が来た証拠でそれを許す環境と捉えています。



アパートに落書きされてる。
どうでも良いけどあんな高い場所にどうやって書いたんだろうという疑問。


部屋自体はキレイで大きいテレビも洗濯機もソファーもあって問題無しです!
24ヘーベーだけどそこまで狭苦しく感じないし全部込み500€なら有り。
大家さんも感じが良い。

でも私が半年しか借りられないから、他の候補者にもっと長く借りる人がいればそちらに貸したいから残りの候補者に会ってからまた連絡しますとのことでした。まぁあまり期待出来ないかな。


学校は9月から始まるので、今丁度学生さんがアパートを探すシーズンです(>_<)

学生が借りるとしたら最低でも2年は借りるだろうから大家さん的にも勿論より長く借りる人に貸したいわけです。
私の立場的には季節が良くないのをヒシヒシ感じます。



そして本日2件目。

このハロウィンのような色の取り合わせの内装はちょっとアレですけど、実際はすごく感じが良かったです。キッチンもお風呂トイレもキレイ!
30ヘーベーで500€+電気代は自分負担。


私の他に若い女性とおじちゃんも一緒のグループ下見(?)でした。
保証人が必要らしく、その時点で私はこのメンバーの中で候補から外れてしまったので後半は大家さんの奥さんと世間話してました( ̄▽ ̄)

「20歳の息子がここに住んでたんだけどもっと大きい街が良いってリヨンに引っ越しちゃってね…私はここでもそんな大きな違いは無いって言ったんだけど…でも決めるのはあの子だし…でも悲しいのよ〜〜」
とかいう話でした(笑)


私がこのアパートを借りるのは難しいけど、若い労働者に対して保証人の代わりをしてくれる組織か何かがあるらしくその情報を私の為に調べてくれるそうです。

「個人的に日本人は好きだぜ!日本に行ったこと無いけどな!(`・∀・)b」と大家さんかなり気の良い人でした。


下見かなり面倒だし全然見つかる気がしないんですけど、ただでフランス語会話ができる機会と思っておこう。そうじゃないとやってられません。

今のところ残り4つ予約があります。
数こなすしか無いですね!9月までに引っ越したいな〜!


ほた





ランキング参加しています。
クリック頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

可愛い制服…と仕事ミス

Bonjour !


3連休なのでお仕事の制服を持って帰ってきました。
ここの制服が好き。スカーフが可愛い(*´꒳`*)


とりあえず着てみる


パティスリーというと若い女の子がバイトしているイメージがあったのですが、ここのメンバーはみんな落ち着いたお姉さんばかりでキャピキャピしたタイプの人はいません。
皆さん制服似合います。私は…ちゃんと似合っているのかしら。



今日は友人のお家に行く為に、手土産と自分の勉強も兼ねてお店のケーキを買いに行ったら日曜日午後はお休みでした。

そうか、日曜日午後は営業してないんだ…なんかぼんやり記憶の彼方にあるけどちゃんと知らなかった…(笑)


幸いまだ上司が残っていて、ドアを開けてくれたので少しお話したところ昨日大きなミスをしてしまっていたようです(T . T)


今日の14時引き取りのバースデーケーキの予約を受けてしまっていました。お店午後お休みなのに。

ケーキ自体はきっとパティシエさんが用意してくれたのだと思いますがエミリーはお店でお客さんを待ち続けたと思います。
しかもお客さんと電話が繋がらないとのこと。


やっちゃいました!
本当にすみませんと謝ったら、「大したことじゃない、大丈夫だから。あなたは初めてだし日曜午後が休みのことも知らなかったから良いのよ」と言ってくれました…
な、なんて優しい…!


しかも例のファーストネーム呼びの今までの無礼も重ねて謝ったら「あなたは真面目に働いてくれているから(採用して)嬉しい」とまで言ってくれました(T . T)
この優しさで余計に申し訳なさMaxです!


せっかく初日から3日はミス無く仕事していたのに、昨日は18€のケーキを何故か倍の36€でお会計していたりバカなことをする回数が増えました。

ついに本性を現し始めた私のおっちょこちょい(。-_-。)


だけど一回した失敗はもう絶対しないように!
例え語学力が原因で何かミスをしても私が日本人なのは言い訳になりませんし、本当に重ねて語学を頑張らないとまた予約を受けた時に勘違いが起こりそうです。


まずはフォネティック(音声学)の勉強をしようと、友人のお家に預けている参考書や本を取りに行きました。

何故ならお客さんの名字や、お誕生日プレートに書く名前を正しく聞き取らなければならないからです。アルファベットで一つずつ言ってくれてもeとuが聞き分けられないとか…散々です( T_T)


日本人の名前ならまだしもフランス人の名前なんてそんなに知らないし予測も出来ない。

なんならアラブ系の方やアジア系の方も沢山いるので名前は暗記できるような物では無く、アルファベットを全て正しく発音し聞き取る能力が必要です。

お誕生日の名前なんて間違えたら失礼極まりないですよね。



今日はそのまま友人宅でお家カフェをしてご飯まで食べさせてもらって一日を終えました。

いつも腰の重すぎる私ですが、彼女が私のおしりを叩いて急かしてくれるのでアパート探しもちゃんと再開しました。

仕事で一杯いっぱいで本当に探す元気はないんですけど時間が経つほどアパートを見つけにくくなるのも事実。
コロカシオン(シェアアパート)も視野に入れ始めました。今の寮は既にコロカシオンみたいな物なので大丈夫なはず。


明日は一件下見です。
そして勉強、 勉強、勉強!


ほた





ランキング参加しています。
クリック頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村