トリコロールの日々

28歳OLのフランスワーホリブログ

ワーホリの半年間

Bonjour !

これまでの経緯を少々。

 

~学生編~

今年の1月末にフランスへ来ました。

パリからすぐにマスタードで有名な街ディジョンに来て、ブルゴーニュ大学付属の語学学校で一学期間(4ヶ月)みっちりお勉強。

ここはディプロムが貰えて大学進学を目指す人が多いので授業かなり厳しめです。

沢山の予習、宿題、定期テストも頻繁にあり、中間テスト2回に期末テスト…

 

私はレベル4のクラスでした。

(1〜6まであって6がMax)

この学校は、授業では実際のレベルより一つ上の勉強をするらしく(レベル4なら5の教材とか)正直無理せずひとつクラス下げても良かったかもと後から思いました。

勉強は大好きですが、毎日ついていくので精一杯、最初なんかリスニングのテスト20点中4点( T_T)(笑)

それでも最後はなんとか無事ディプロムが貰え、5月末に学生生活を終えました。

 

 

~就活編~

本当は学生をしつつ同時並行でお仕事を探すつもりでいたのですが、授業が予想以上に大変で4ヶ月間他のことに全く手が回りませんでした。

これからワーホリされる方に言えるのは、本っっ当に何でも早く行動した方が良いです!!!!

私はもたもたして今それで沢山の問題に見舞われています(笑)

 

この時の就活は、ひとまず履歴書を住んでいる街で配り歩いてみたり、ネットで何か日本に関係ありそうなワードで検索して良さそうなお店があればホームページの問い合わせホームから連絡してみたり…

 

これを繰り返し奇跡的に2週間でローカルなお仕事ゲット。6月2週目のことでした。

南仏の小さな街で、フランス人シェフの日本食レストラン兼パティスリーで働くことになりました。

 

そこからアパート探し。

なんせ小さな街なので選択肢があまり無い。私は外国人で保証人がいないので不動産屋を通せないし、滞在も半年しか無いので大抵敬遠されます。

実際に滞在しながら下見をして回ったので就活よりもお金と時間がかかり、3週間かけてやっと満足いくアパートを見つけたのでした。

 

 

~仕事編~

7月初旬、住み慣れたディジョンの街と友人達に別れを告げ、大荷物で3時間かけふらふらになりながら南仏の街モンテリマールへ。

ここで第2のワーホリ生活!と思いきや。

 

実際働いてみてシェフの人柄にかなり疑問、労働条件にもかなり疑問。

…悩みました。すぐ辞めたら情けないという気持ちと、他の仕事が見つからなかったらという恐怖と、でも自分は貴重なワーホリを最後までここで過ごして本当に満足なのかという葛藤。

そして辞める決断をしました。

引っ越してきてたった一週間足らずの出来事でした(笑)

 

 

~再引っ越し編~

しかもその後アパートやお金や労働契約でシェフとも大家さんとも揉めて、

何となく身の危険さえ感じ早くモンテリマールを離れようと思ったものの職なし家なし行く街のアテもなし!これからどうしよう!?という状態でした。

 

友人にも相談し、ひとまず元いたディジョンに戻って体制を立て直そう。という結論に至ったのが丁度一週間前。

語学学校時代の友人の大半はもう街を離れていましたが、幸い信頼できる友人はまだディジョンに残っていました。

 

 

頭のよく回る彼女に色々知恵を貰い、週一から授業が取れるアリアンスフランセーズの語学学校に申し込めば学生という肩書きが手に入り格安の女子寮に入居できると知りました。

 

ディジョンに戻ってすぐに手続きを済ませ、3日借宿を経て丁度今日、女子寮に無事入居しました(*^_^*)

シャワートイレキッチン全て共用で何もない超簡素な部屋ですが破格の300€。文句は言うまい!

定住先があるって幸せです。

 

 

ざっと纏めましたがここまでが半年。

 

これからワーホリされる方の為に、ディジョンの語学学校や前に住んでいた国際学生寮の特徴、仕事探し〜退職までの書類手続き、アパート探しの方法などそのうちブログにもう少し詳しく載せていきたいなと思います。

 

長々お付き合いありがとうございました♪

 

 

ほた