トリコロールの日々

28歳OLのフランスワーホリブログ

フランスでAirbnbデビュー!これまでのエアビー感想

Rebonjour !
(BonjourのあとすぐのBonjourはこう言うんだよって茶目っ気たっぷりにフランス人に教えてもらいました。可愛い。)

先の記事で住居について触れたので補足。もはやご存知の方は多いでしょう。
Airbnb、通称エアビー。
宿泊先を世界191ヶ国以上、都市6万5千以上、登録250万件以上の中から予約できます。しかしホテルではありません。

アパート丸々貸切はありますが、ホテルと大きく違うのは現地の人からお家を借りるので本当にローカルな体験!
現地の人が暮らすように滞在出来る点です。



実は私はほんの2ヶ月前までエアビー初心者でした。それが今ではすごくお世話になっています。
遠くの街に面接をしに行った時、アパートの下見で滞在した時、アパート入居日までの繋ぎ期間、今の街に戻ってきてからも、ずっとエアビーで宿を転々としております。
これが無ければあの小さな街で宿無しになっていた可能性も…!(o_o)
明日泊まるとこ!とかの場合も割と見つかります。

一番の利点はホテルより断然安い、という点なのですがそれ抜きでも私は結構気に入っているのです(*^_^*)
相場は…街の規模や条件によると思うので一概には言えませんが、ディジョンなら20〜30€くらいで私には十分許容範囲な宿が見つかります。

いきなり初めましての人のお家に行き、共同生活。ホストがほぼ歳も変わらないフランス人男性の場合もあります。
ちょっと日本にいた頃では考えられません。
文字にすると余計に(え、知らない外人(男)と住むの?危ない!!!)となるらしく日本の友人や義理の姉はものすごく心配します( ̄▽ ̄;)分からなくは無いけど

でもフランスではコロカシオン(colocation=共同借家)はよくあるスタイルだし男女ごちゃ混ぜもよく聞きます。


ホームステイの軽い版みたいな感じかな、というのが私の感想。
一応ホームステイはホストファミリーが身の回りのお世話をしてくれるけど、エアビーは基本自活自炊。
リビングやキッチンやシャワートイレは共用で自由に使わせてもらえて、個室だけ完全プライベートが私のこれまでのエアビーで多いスタイル。

実は割と神経質かつ軽度の潔癖症なのですが、意外と…全っ然、共同生活平気!!
むしろ誰かと暮らすのは楽しいです(*´꒳`*)
しかもフランス人と住んだらタダでフランス語会話が出来ちゃうし、何かフランス生活で分からないことがあればすぐに聞ける!フランスのことはフランス人に聞く!(笑)
自分でググるより全然良いですよ。


今朝まで31歳のお喋り陽気なフランス人男性と、もう一人長期滞在のフランス人男性と3人生活でした。
お味噌汁おすそ分けしたらレシピ教えてくれと興味津々でした(笑)
私と同い年の娘さんがいるおじちゃんと2人の時もあったし、猫と優しいマダムとの2人+1匹の時もあったし、はたまたリタイヤされたご夫婦のお家で娘のように親切にして貰ってウルルン滞在記体験…

アパート借りてフランス一人暮らしも憧れるけど、共同生活悪くないなぁと思い始めている今日この頃です。
一人だと会話しないですしね。

因みにこんなにオススメするエアビーですが、私が唯一気にするのはレビュー。流石にまだ誰も泊まったことの無い男性のお家は安くてもちょっと避けます( ̄^ ̄)
あとは女性が泊まったことあるかどうか。
エアビーは身分証明書の提出が義務付けられているし、宿泊者からもホストからも手数料を取るのでそれが若干の安心材料ですがやはりここは海外。
自分の身は自分しか守れないのでいつでもその意識は必要かなと思います。


余談ですが、さっきエアビーのサイトを見に行ったら『アパートを1泊でも、お城を1週間でも、ヴィラを1ヶ月でも』とありました。
… … … お城?借りたい…!
ベルサイユ宮殿とか借りてみたい!(笑)

皆さんもせっかく海外に来たなら現地の人と同じように生活してみる、特別な体験はいかがでしょうか。基本ホストをしている方は皆フレンドリーで外国人を喜んで受け入れてくれる優しい人達ばかりです(*^_^*)

私もいつかホストしてみたいなぁ。


ほた


追記:今までのAirbnbちょっと載せておきます。




ランキング参加しました。
クリック頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村