トリコロールの日々

28歳OLのフランスワーホリブログ

銀行口座開設が出来ない

Bonjour !


『銀行口座が開設できない』
…という問題をついに解決しました!
やったー!!


かれこれ2ヶ月この問題にかかっていました。

そもそも私がトロいのが原因だったのですが、どんどん状況がややこしくなってきてかなり頭を悩ませていました。



普通留学やワーホリに来る皆さんは渡仏してすぐに開設しますよね?
でも私の場合、語学学校に通った後はどの街に住むか全くの未定だったので仕事が決まってからその街で開設しようと考えていました。


何かあった時開設した店舗に来ないと行けなかったら面倒だし、丁度大学時代の恩師にもパリの日本人スタッフの方を紹介して頂いていたのでまたパリに行く機会があったらその時でも良いかなんて甘ーい考えでした。



そして銀行のことなどすっかり忘れて勉強に集中すること4ヶ月。
普通に学生として生活する分には日本のクレジットカードもあるし、私は学生ビザでは無いからアロカシオン(住宅補助)も入金してもらうことは無いし、特別フランスの口座は必要ありませんでした。


しかしいざ学生生活を終え、これから仕事をしてアパートを借りるとなった時に必ず口座が必要なことに気付く。お給料は普通振込だし、アパートを借りるにも住宅保証とか口座が無いと借りることが出来ない。
しかも銀行もあまり滞在期間が短いと口座開設させてくれないという話をよく聞きます。

慌てて街の中心にあるLCLへ行きました。


まずは来店して予約を取って、予約日に再来店し開設の手続きをしました。
必要な書類は一応揃っていたのでその時は何も問題無くさくさく進みました。
一週間後にカルトブルー(フランスのクレジットカード)が出来るので取りに来て下さいと言われ、良かった〜と思っていたのもつかの間。



一週間後に来店すると、目の前に私のカードがあるにも関わらずまだ口座開設出来ていません、とのこと!
え、じゃあそのカードは何なの!?(笑)
という感じですが、出来てないと言うんだから出来てないようです。


学生寮で発行してもらった住宅証明の期間が短すぎて、証明として不十分だと言われました。
私はその時もう仕事を見つけていて新しい街でアパートを探している状態だったので、当時いた寮では1週間ごとにお金を払って滞在延長していました。
実際証明はそこそこ短くても開設できると思うのですが、バカ正直に引っ越しの可能性を伝えていたのがまずかったようです。
家が見つからずホームレスになる可能性のある人に口座作らせません!ということです。



今更住宅証明の為だけに寮を一ヶ月延長する意味は無いし、でも次のアパートだって見つかっていないから定住先と呼べる場所が無い。
むしろアパートを見つける為に口座が要るんですけど!という何とも八方塞がりな状態になってしまいました。


何か方法無いですか?と聞くと新しい街であなたのオーナーに形だけ住宅証明書いてもらったらどう?と銀行のマダムが言ったのでそうすることにしました。


一応事情を話してこの件はシェフが解決してくれることになっていたのですが、ご存知の通りすぐに仕事を辞めてしまったので結局頼めず。
仕事を辞めるに伴ってせっかく見つけたアパートもキャンセルしたので、
『無職、定住先なし』で更に口座開設から遠のきました。



その後Airbnbでこの時に泊めて頂いていたご夫婦が、実際は3泊しかしていないのに好意で住宅証明を書いてくれて、今度こそと再度提出してみましたがこれも上手くいかず。


銀行は大体いつも一度書類受理して明日また来てね!と期待を持たせて言うから、私も期待を込めて行くのにその度にどん底な気持ちにさせられます。



もうLCLでは無理だと悟って開設自体キャンセルしたいんですけど、と伝えたけどそれさえ簡単に出来そうも無くまた連絡しますとのこと。
この時点でかなり疲れ果てていました(T . T)


しかしその頃丁度、以前の記事で触れた裏技で学生という肩書きと寮という定住先を手に入れたところでした。


もう一旦全てリセットして、違う銀行で開設しよう!と今度はCAISSE D'EPARGNEへ。 この銀行を次に選んだのはパリ支店に日本人スタッフの方がおられるからです。最後に口座を閉じる時少しでも心強いかと。


何で残り半年しか無いのに今更口座開設したいんですか?と聞かれ(ごもっともです)、ディジョンでこれからアルバイトを探すので入金できる口座が必要なんです、と未定の予定を作り上げました。
パリや違う街に行く可能性を匂わせるとその街で開設して下さいと言われたり、また大変な目にあうのでビザ期限の最後までディジョンにいます!と強く念押し。


それでお姉さんも納得してくれたようで、その日に一通り手続きが済みました。
そこからは仕事の早いCAISSE D'EPARGNE!
1週間経たないくらいでカードが出来ましたという手紙が来て、無事に昨日受け取ることが出来ました!


カルトブルー!


滞在期間が残り半年でも何とか無事に開設出来ました(>_<)
他の銀行は分かりませんが、やはり期間が短くなるほど開設が難しくなるというのは事実で友達の知り合いは断られて何件も銀行をまわったそうです…
あと同じ銀行でも、中心街の支店よりは少し離れた支店の方が混んでいないので若干良い対応をしてくれる気がします。



私の一番馬鹿だった点は、渡仏してすぐ、学生で寮の滞在期間も丸々残っているうちに口座開設しなかったこと。
仮にその後違う街に引っ越しても、住所変更すれば良い話なのです。
そんなことにも気付かず何故こんなにいつもぼんやりしているんでしょう( T_T)ちょっと悲しくなります。


でも今は私を苦しめていた仕事、住居、銀行という3つの肩の荷のうちのひとつが下りました。沢山手伝ってくれた頭の良い友人にも感謝です。



明日はまたまたパリです!
でも今回は面接ではなくプライベート(*´꒳`*)
カフェ巡りしたいなぁ♪


ほた





ランキング参加しています。
クリック頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村