トリコロールの日々

28歳OLのフランスワーホリブログ

健康保険の手続き 準備するべき書類

Bonjour !


お休みです(*´∀`)
健康保険(Assurance Maladie)の手続きに来ました。

ワーホリ申請をする時に加入が義務なので皆さん渡仏前に日本の海外保険に入られていると思うのですが、それを知った上でも会社がフランスの保険に入ってくれと言うので仕方なく来ました。

面倒だけどまぁ何かお金がかかるわけでは無いし…



1度目は8月末に来てパスポートなどを言われるまま提出したりいくつか質問されて、じゃあ次はこの申込用紙に必要事項を記入して書類揃えて11日に来てね!と新たな予約を取って終了しました。



そして二週間後の今日。


準備した書類は
•所定の申込書
•パスポートとビザのコピー
•住居証明
•労働契約書
•給与明細
•RIB(銀行口座証明)
•出生証明のオリジナルと法定翻訳



この最後の出生証明とその法定翻訳!!!

これが役立つ日が来るとは思わなかったです。ちょっと感動してしまいました…!



出生証明は学生ビザの場合は滞在許可証や学校の入学手続きに必要だと聞いたことがありますが、ワーホリビザに関しては特に渡仏後手続きをすることが無いので本来必要ありません。


私はたまたま最初学生ビザとワーホリビザの必要書類を混同していて、その上心配性だから出国前にあらゆる書類を揃え万一の為に全て2部ずつコピーまで取って持って来ました。


この出生証明書と言われるもの(フランス語でExtrait d'acte de naissance)は日本に存在しない為、代わりに戸籍謄本(または戸籍抄本)を使います。


だから戸籍謄本3部、他に大学卒業証明1部、全て法定翻訳付で用意したりして(^-^;

さすがに法定翻訳は付けなかったけど高校卒業証明まで用意してしまいました。

よく考えたら大学卒業証明があればそれが最終学歴なんだから高校卒業証明する必要ないのに、もう、お馬鹿。


これを大学時代の先生に話したら戸籍謄本そんなに用意したの?要らないと思うけど…まぁ万が一フランス人と結婚することになったら使えるしね!と言われました。

でもそういう書類って普通6ヶ月以内発行のものだから、半年以内にフランス人と電撃結婚…するとか…?(笑)



まぁそれはさておき、この出生証明書についてワーホリに来る前色々調べていました。

そして大使館のサイトをうろうろしていて見つけたのがこちら。


在仏日本大使館で『出生証明書』は発行出来るらしい(私が出国前2016年12月に見た情報です。)

必要書類は
•申請書(窓口で貰う)
•6ヶ月以内の戸籍謄本(または戸籍抄本)
•パスポート
•滞在許可証(申請中の場合は必要なし)

発行まで3日、費用は9€。


いずれにせよ戸籍謄(抄)本がいりますね!
戸籍は日本の市区町村管理だから、突然フランスで必要になったら日本の家族に頼んで発行してもらって、フランスに郵送してもらうことに…(o_o)


なのでこれは何かあった時の為に日本で出国前に必ず発行しておいた方が良い。
学生ビザの方はきっと言わずもがなですがワーホリの方も忘れずに!



あとそれプラス重要なのが、先にも少し触れた法定翻訳=翻訳査証!

日本で準備する場合は、大使館指定の翻訳業者に依頼して翻訳査証を取得します。
私は日本で準備することを強くオススメします。

大使館指定翻訳会社リスト
https://jp.ambafrance.org/IMG/pdf/microsoft_word_-_societes-traductions_aout_2017_2.pdf?23483/1e068cffc7663feafe7f9197862c9f581ba3f5b7



この大使館指定の翻訳業者リストの中から会社を吟味し(主に料金。会社によって値段が違う)、私がお願いした会社はフランセスパスエビスさん。

料金は安く丁寧、仕事も早くてすごく良かったです。オススメです(*^_^*)

フランセスパスエビス
http://www.francespace.net

料金は
戸籍抄本¥3500
卒業証明書¥3000
送料¥360
しかも同じ書類は2枚目以降¥500!


逆に渡仏後フランスで準備する場合は仏日本大使館で翻訳依頼します。

でも書類を提出する機関によっては、在仏日本大使館による翻訳証明書類を受け付けない所があるとか…
そうなると『フランスの認めた』法定翻訳家にお願いするのだそう。


この辺は私もよく知りませんが、ワーホリはまだしも学生ビザで大学登録をするなんて方はよくご自分で確認して下さいませ。



備えは本当に大事!


ちなみに今回の健康保険にも持参する書類リストには給与証明なんて書いていなかったけど、丁度お給料貰って明細もあるし一応持って行くか…と家を出る前にたまたま持って行ったのです。

そうしたら今日普通に窓口で提出を求められる( ̄▽ ̄)言っといてよね〜!


この間は何故か以前に住んでいた寮の住居証明も出してと言われて、いやそんなのもう無いよ!と言ったらじゃあ貰いに行ってと言われ、

寮を出て二ヶ月も経っているのに今更住居証明なんて無理だろうと行けませんと言うとじゃあいいよと言われ、いいんかい!となりました(笑)

許して貰えたけど本当によく分かりませんフランス。



他にはワーホリビザ申請時に提出する銀行の残高証明なんかも持っていますがこれも一度役立ちました。


私の場合ビザ期限が残り半年で少し厳しい条件のもと口座開設しようとしたのですが、

私こんなに日本の口座に十分な貯金があります!(だから安心して下さい)という意味で見せたら少し反応が良かったです。
発行から大分時間が経っている書類だし実際有効だったかは分からないですけど無いよりは良い!



パスポートは失くしたら嫌で普段は持ち歩いていませんがコピーは常に持ち歩いていて、それが役立つ時もよくあります。

忘れがちですがユースホステルやOUIBUSに乗る時など何気にパスポート提示を求められます。
私は普段持ち歩く習慣が無いせいで、そんな必要な時でさえよく忘れてしまいます(^-^;

OUIBUSでは注意されたこともあるけどコピーがあれば大体大丈夫!



ここに来て思うのは、書類系は本当に何でも出来るだけ準備した方が良いです。自分でも要らないだろうと思ったものが意外なところで役に立つものです。

残念なことに沢山準備して、完璧だ!と思っても必ず何かトラブルに見舞われるのがフランスですが…(笑)


ワーホリ申請の書類については色んな方のブログで既に紹介されているので特別纏めようと思っていませんが、今回のことは知っていると結構有効なことなので是非ブログに書かなければと思いました。

誰かのお役に立てば幸い(*^_^*)


ほた





ランキング参加しています。
クリック頂ければ励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村