トリコロールの日々

28歳OLのフランスワーホリブログ

星の王子様の故郷に行ってみよう

Bonjour !

英語漬けの日々です。
フランス語がするする抜けていく恐ろしい感覚…

一応問題集二周しましたが、思っていたよりは簡単で若干安心しています。でも調子に乗らないように1点でも多く取るのを目指して残り一週間頑張ります!

今日は一休みに星の王子様(Le petit prince)のお話を。短めです。


実はお菓子作りが趣味のひとつで、パリで買ったカップに合わせて以前アイシングクッキーを作りました。



アイシングのがたがた感はご愛敬


パリのサクレクール寺院に向かうお土産屋さんの並びで買ったカップです。
絵柄は3パターンくらいありました。
私は登場人物の中でもバラが好きなので王子様よりバラメインのこちらを購入。
プラスチックなので使いやすくてお気に入りです♪


ご存じの方もいるかもしれませんが星の王子様の作者サン=テグジュペリはリヨン(Lyon)出身です。
そして実はリヨンに、ひっそりと星の王子様とサン=テグジュペリの像があります!

住所↓
Place Bellecour, 69002 Lyon, フランス


ひっそりすぎて見つけるのにかなりうろうろしました。
場所はベルクール広場中央にあるルイ14世の像に向いて右後ろ側です。

ルイ14世

こんなに世界に知られている星の王子様なのに、銅像は広場の中ではなく普通の路上にぽつんとあります。

見つけた時も え、これ?ていうくらいの存在感。
まわりは車もたくさん停まっているし特別感のない場所すぎて見逃してしまいそう。
でもこれには理由があるそうで、作者のサン=テグジュペリがこの近くで生まれ育ったらしいです。


しかもそこそこ高い位置にいる
左が王子様、右がサン=テグジュペリ


普通に歩いていると柱しか見えないので上を向きながら探してみて下さい。

台座には星のマークが埋めてあったりして可愛かったです。

J'aurai l'air d'être mort
et ce ne sera pas vrai
"僕は死んだみたいに見えるけど、
でも本当は死んでいないから"

書いてあるのは作中のセリフです。まるで王子様が本当にどこかで生きている気がしますね。
このセリフを選んだのはどうしてだろう。


私は特別ファンではないのですが、それでもここに来て一人でそわそわと嬉しくなりました。


インスタ映えばかり重視される時代だけど全然「映え」ないし、写真を撮らせる気もあまりないようなポジション(笑)だけどこのシンプルさいいなあ。王子様の素朴な可愛さを感じました。
本当に大切なものは目に見えないんだよって王子様の声が聞こえてきそうです。


リヨンのノートルダム大聖堂横のお土産屋さんではたくさんグッズが売っていました。あまりリヨンで買い物していないから分かりませんがきっと色んな場所にあるのでしょうね。


もう一度ちゃんと読んでみようかな。次はフランス語で。

ちなみに過去に使った教材で、星の王子様で学ぶフランス語文法はさらっと復習できてわりと良かったです。
練習問題は無いのでがしがし勉強したい人向きではないかもしれませんが、物語に沿って一通りの文法を網羅していて読み物としておすすめ。

何より物語に出てくるセリフをたくさん引用していて無機質な例文より残りやすいです◎

「星の王子さま」で学ぶフランス語文法

「星の王子さま」で学ぶフランス語文法


英語学習が少し落ち着いたらまたフランス語に戻ってきます。


皆さんもリヨンに行く機会があれば是非この可愛い星の王子様を探してみてください(*^^*)


ほた



参加しています
気が向いたらクリックお願いします◎
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ